アメリカ大統領選の感想2016/11/9

ほとんど結果しか気にしてなかったのですが、昼くらいからThe New York Timesの速報開きっぱなしにしてて、あーこれは、という感じがしました。ソーシャルメディアに色々ぼやいていたのだけれど、選挙戦がどうだったか、みたいなことも追っかけてなかったので、平たく言うとよくわかってないわけですが、トランプ氏が大統領に選出されたことについて、午後考えていました。

選挙は接戦だったと思うのだけど、選挙が行われたことで露わになった、顕在化したものを、まざまざと見せつけられた感じがしたのがこちらでした。

Animated map shows how demographics vote – Business Insider

これが示している何かって言うと、いわゆる伝統的なアメリカなんじゃないかなと思ったんですよね。ハフィントンポストの創始者であるアリアナ・ハフィントンの著書にこんな本があります。

誰が中流を殺すのか アメリカが第三世界に堕ちる日
アリアナ・ハフィントン
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 377,584

メディアのニュースを見る限り、現在に至るまでこの文脈って生きていると思っていて、多くの人が中流から下流に落ちゆく時、伝統的なアメリカを望んだ、ということではないかと感じました。実際、都市部や女性や若者やマイノリティからはヒラリー氏の支持が厚く、トランプ氏への支持はその逆であると。まあでも日本の選挙はそんなことないか、って言うと、そういう構造だという印象を持ってる人も多いのではないかと思います。

Facebookにも書いたけど、ニューヨークやカリフォルニアをしてアメリカがあるわけではない。経済の中心地のプレゼンスは確かでも、経済社会におけるSilent Majorityは割とくたびれてるんじゃないかなあと思いました。アメリカ、くたびれてるのかな、みたいな感想を持った。

ただ、政治のことを考える時にいつも思うのだけど、「常識がなくて信頼が置けない言葉が薄っぺらい中身がない人の気持ちが全くわからないどうしようもない、だけれども、社会的地位も権力もある、バカ」みたいな人って、これまで生きて来た中で出会った試しがなくて、そういう人あんまりいないんじゃないかなと思うと、エキセントリックな発言が目立つけど、なんかあるんだろうなという気もします。

アメリカの多様性は失われないだろうな、混沌が存在としてそこに在るから。

世界がどう変わるかはまだわからないけれど、アメリカ社会の構造ってこれからすごい変わろうとするのだろうな、という気はしました。


Also published on Medium.

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円