ブリッジフォースマイル佐賀のこと – ふるさと納税でこども支援2016/12/1

今日は何だかブリッジフォースマイルさん関連のリリースが多い日でした。11月にせっせと作っていたのですが、1つがブリッジフォースマイルさんの活動の要とも言える、ボランティアの皆さんを募集するWeb登録のページ。もう1つは今年新たに始まったブリッジフォースマイルさんの佐賀事業の紹介ムービーです。

ボランティアWeb登録 | NPO法人ブリッジフォースマイル

ボランティア登録に読んでおきたい情報をギュギュッと凝縮したページをB4Sのサイト内に作りました、という按配です。構成、撮影、編集もそうですし、登録フローやオペレーションのリデザインもあったろうと思います。僕はページのデザインとシステムカスタマイズ、一部撮影を担当しました。たくさんの方々が関わった充実した内容になっています。是非、見てみてください。

続いて、ブリッジフォースマイル佐賀のことを少し。この秋から佐賀でブリッジフォースマイルが活動がスタートしていて、Facebookページで現地の方々や、東京と佐賀を往復するスタッフの方によって更新が続けられています。個人的には、NPOが新規事業を立ち上げる様子を垣間見れるという意味で、興味深く拝見してます。

ブリッジフォースマイル佐賀

ちょうどこの週末、東京でこんなイベントがあるそうです。

佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう

今回このイベント用に、簡単な映像を制作させていただきました。時間も限られており、昨年のカナエールの告知ムービーと同様、動画編集ソフトを使わず、Keynoteを活用して制作しました。

ふるさと納税で子ども支援

ご覧の通り、ブリッジフォースマイルのプログラムである、「巣立ちプロジェクト」や「カナエール」に加え、「ふるさと納税で子ども支援」というプログラムが紹介されています。

僕はふるさと納税と言うと、ご当地名産品をもらえるというくらいの認識しかなかったのですが(不勉強ー)、こういうことだそう。

【寄付募集】「ふるさと納税」で、佐賀のこどもたちへの自立支援につなげよう! | Bridge For Smile(ブリッジフォースマイル)

佐賀県には、「ふるさと納税」の使い道として、地元で活動するNPOに寄付ができる仕組みがあります。
佐賀県と協働しながらこのスキームを活用し、B4Sは佐賀の児童養護施設のこどもたちの自立支援に取り組むことになりました。
2016年度は、高校3年生を対象とした「巣立ちセミナー」や中高生を対象とした「自立支援セミナー」を実施し、就労支援や進学支援も展開したいと考えています。

寄付メニューには下記の2種類があるそうです。

◆5,000円以上寄付 ※金額は自由にご指定いただけます
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/41001/228052
※返礼品:自立支援白書(活動報告書)、支援する子どもたちからのお手紙など

◆10,000円以上寄付 ※金額は自由にご指定いただけます◆
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/41001/228053
※:返礼品 カナエール2017 夢スピーチコンテスト 「夢チケットお申込み券」(1名様分)
30,000円以上は3名様分、50,000円以上は5名様分、100,000円以上は10名様分のお申し込み券となります。

煩雑だと思われがちなふるさと納税ですが、12月4日に税に詳しい専門家(カナエールのプロモーションチームのメンバー)が、ふるさと納税についての勉強会を行うそう。B4Sのボランティア登録済の人は、SNSの「定例会」ご案内をご覧くださいとのこと。興味ある方は是非。

ワワっと書きましたが、色々新しい試みが動いていて、躍動感のある12月1日だなと思います。カナエールのボランティア募集もいよいよ説明会が12月4日から本格スタート。色々なことが色々な人たちによって動いてる、そんなダイナミックさを感じています。

今日は色々ご紹介しましたが、子ども支援に興味ある方は是非覗いてみてください。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円