Google Classroomを触ってみた – 現場とフォローのツール2017/5/4

いやあこれ良さそうです。Google Classroom、気になっていたのですが、一般でも触れるようになったというので、ちょっといじってみました。別に僕が誰かに教えようとかそういう意図はないんだけど、色々なフィールドで役に立つのかもなあと思いまして、勉強に。

ニュースで読んでいるだけですが、アメリカではChromebookとともにこれ普及しているようで、実はこの商売をやってると、「E-Learningやりたいからシステム作って」という相談あるのですが(そもそも僕はシステム作れないのですが、Webサイト作る延長だと思われて)、それなりの規模のところを抜かせば、自前で作るようなものじゃないですよね。構築だけじゃなくて、メンテナンスもしていかなくちゃいけないし、ASPが良いだろうという。

E-Learningだと、例えばUdemyとかありますが(先日、初めて触ったばかりだけど)、どうやらGoogle Classroomはそういったものとは違って、そもそも学校の授業のサポーティングパラグラフというか学外授業、有り体に言うと宿題とかですよね、そういうもののオペレーションを円滑に進めるために設計されてる様子。これで課金できるコース作って、とかそういうのじゃない。

簡単にしか触ってないですけど、課題にGoogleサービスからドキュメントやYouTube動画貼り付けられたり、質問を作れたり、締め切りきってGoogleカレンダーと同期できたり、対象生徒もフィルタリングできるし、クラスの掲示板のようなものもあり、これあと1年早く出てから、カナエールのプログラムで使えませんかね、って言い出してたかも知れない(だから、NPOのプログラムとかに汎用的に使えるかも知れないという気はして、ちょっと触った)。現場があって、現場以外をフォローするって使い方が良さそうな気がしますね。なんかはまりそうなイメージあった。

具体的な用途、がないとあまり役に立たないものではないかなあと思うのですが、これは面白いものだなあと思いました。ビジネスのトレーニングプログラムへの導入とかも良いのではないですかね。導入にはオペレーションとサービスのすり合わせ必須だろうけど、手間色々省けそうな感じもある。

きちんとアクションプランになれば良いツールな気がする。

カナエール 2017 夢スピーチコンテスト、今年が最後の開催です!

カナエール 夢スピーチコンテスト 2017 チケット好評発売中!
お求めは下記リンクより!

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円