『美しい日本のくせ字』 井原 奈津子2017/7/16

「字は体を表す」とか「書は人なり」とか言いますが、なかなかおもしろい本でした、美しい日本のくせ字。僕は割と人がどんな字を書くのか、ということに興味があって、「この人こういう字」書くのかあ、みたいなのは実は割と注意深く見ています。先日の司馬遼太郎展で原稿見たのとかも、そんなこともあって興味深かった。

美しい日本のくせ字
美しい日本のくせ字

posted with amazlet at 17.07.16
井原 奈津子
パイインターナショナル (2017-05-22)
売り上げランキング: 12,246

身近なくせ字というか、うちの親父が書き慣れ過ぎてて身内しか読めないんじゃないかってくせ字を書くのですが、贔屓抜きに字は巧いと思うんですけど、なんせ解読が難解。そういうものの味ってあるなあと思っていて、例えばパソコン出る前から筆記で仕事してた人の字はやっぱり書き慣れてますよね。僕も大分書けなくなってしまったが、最近はアナログ回帰で結構ノートに殴り書きしてそのままクライアントや仕事仲間に見せることも多いので、やはり書き文字大事だなあと思います。僕の字も割とくせある。

38848128_Unknown

例示されていた「おいしい生活」。これ僕が一番好きな広告コピーで、本当に普通の言葉でここまで想像力を膨らませられるコピーは他に類を見ないのではないかと思うのですが、ここに示されている浅葉克己さん所蔵の「おいしい生活」は以前銀座で行われた「The Mirror」で観ることができ、感動したのを覚えています(ETで展覧会のWebのシステムカスタマイズをお手伝いした経緯あり)。なんかこっくりしてて良いですよね―、このくせ字。

字の巧拙じゃなくて、クセにコンテキストつけて読ませてくれて、読み物として面白かったです。

ついでにこんな本レコメンドされたので読んでみようと思っています。

“手”をめぐる四百字―文字は人なり、手は人生なり
文化出版局
売り上げランキング: 225,715
手をめぐる四百字Ⅱ 女たち
文化出版局 編
文化出版局
売り上げランキング: 876,277

楽しみ。

美しい日本のくせ字
美しい日本のくせ字

posted with amazlet at 17.07.16
井原 奈津子
パイインターナショナル (2017-05-22)
売り上げランキング: 12,246
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円