移動コストと趣味の時間 – 展示とか読書とかイベントとか2017/8/4

今までもわかっていたであろうことと、今までもやってただろおまえということとあるのですが、繁忙期を過ぎたこともあり、何となく新しい試みとして、東京に出た時などに適宜趣味の時間を恣意的に紛れ込ませよう、みたいなことをやっています。例えば、東京に行くとすると、東戸塚と恵比寿間を考えても30分✕2、家から東戸塚駅に出て電車に乗るのに30分✕2とかで、ざっくり2時間くらい移動にかけることになります(実際もっとかかることも多い、東京内移動が他の場所だとすぐこれが3時間とかになる)。外出する日(まあ東戸塚から出ない日も多いですけどね僕は)、1日24時間のうちの1/12ないし、1/8を移動に割いていると考えると、やっぱりなんかもうちょっと工夫があっても良いなと思ったところで。

Tokyo Art Beat+ミューぽん

Tokyo Art Beatのアプリとミューぽんというのをセットで使い始めました。Tokyo Art Beatで興味ある展示とかを探して、「行きたい」展示としてブックマークしておき、割引チケットがある場合、ミューぽんで割引が受けれるみたいなフロー。Tokyo Art Beatの有料サービスが年額1,000円、ミューぽんが年額480円だったと思います。最初、調べようと思えば都度調べられることだよな、と思ったのですが、使い始めるととても便利。

東京のアート・デザイン展カレンダー | 東京アートビート | TAB

これで網羅できますとかでもないですが、FacebookとかTwitterで流れてくるイベント情報も含めて、都内のアポの前後にちょいちょいイベント訪問の予定突っ込んでくと結構充実して良いなって感じしました。これ1つ今やってる新しいトライアル。

35D59C32-8CA0-4C75-8AF5-43AFED91D436

電車で読書をiPad

あと、iPadに400冊ほど現在進行中の電子化した雑誌や本をiBooksにPDFで、それからKindleでも電子書籍買って入れていて、容量128GBにしたので結構突っ込めて、これ移動中のお供にとても良いです。本当はnasneに撮りためてるTV番組とか(全然観れてない、新日本風土記と美の壺とイッピンのストックが大量にある)も観れると良いんですが、外出先から家の動画観れるのですが、移動中の4Gだとなかなか心もとない感じでした。まあ総じて、移動中のコンテンツには事欠かなくなったなと。

以前は、FacebookやらTwitterやら、RSSやら、ニュースアプリやら見てる時間が長かったのですが、それモニタの前でもできるしなあ、というのもあり、せっかく移動中の時間はPCのモニタから離れて、ともすれば一人何やっても良い時間ではあるので、もうちょっと見るものの幅持たせて良いよなと。

そうそう、トリエンナーレ

そうそう、横浜トリエンナーレが今日から始まったのですが、今まであまり乗り気じゃなかったのですが、今回は前売り券買いまして、一気に見るんじゃなくて、ちょいちょい隙間見て行こうかなと。会期も結構長いですし。横浜フラフラするついでに、今日は黄金町バザール寄っていくか、みたいにできると良いなあというイメージ。今日とりあえず、病院の用事ついでに横浜美術館行って来ました。

IMG_8897

もうちょっと横浜

後はもうちょっと横浜のイベントをうまく楽しめると良いのだろうなとか。昨日も友人と北仲BRICKという展示会場の内覧会で少し話していたのだけれども、あんまりうまく横浜で行われてること楽しめてる感じもないんですよね。この辺も少しアンテナ張りたいなとか。今日は象の鼻テラスで行われてたShonan CI Worksさんのパフォーマンスを見学した後、体験コーナーでちょっと踊って来ました。一汗かいて帰って来た感じで、なんかそういうさっくり感も良いような。東京出た帰りの横浜とか。

IMG_8915

まとめ

他にもカナエールでお世話になったPeatixさんのアプリとか、色々道具はあるなあと思いつつ、そんなに時間持て余してるわけでもない(つもり)なので、うまいことやりたいなあと。最初に書いたように移動コストはそれなりにかかるのと、とは言え、目的なく何となく東京をフラフラってのもあんまりない人なので、仕事のアポと趣味の時間とプライオリティは勿論仕事だけれども、うまく並列処理して時間有効に使えたら良いのではないかなあと思ったりしています。今のところ割と積極的に突っ込んでみてお試ししている。

まあ、実験。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円