「HUNCH」オープニング・レセプションに行って来た2017/9/13

ちょっと日が空いてしまいましたが、HUNCHというアトリエ・ビルのオープニング・レセプションにご招待いただいて伺って来ました。

HUNCH(ハンチ)公式ウェブサイト

東京、特に東京の南側では、物理的にも精神的にもものを生み出す場が成立しづらくなっている。どうしたら、真にものが生まれる状態をつくることができるのか。そうした問題意識に基づいて、さまざまな分野のクリエイター(最終的には15組前後を予定)がものやことを制作するアトリエビル「HUNCH」は誕生しました。

「HUNCH」の方針は、次の3つだけ。
①ものを生み出すことを優先させること。
②自治で運営すること。
③緩やかなレーベルとして、ときには社会にメッセージを発信すること。

そうそう、「HUNCH(ハンチ)」という名前は、建物としての「HUNCH」のアイコンにもなっている耐震補強のパーツ「HAUNCH(ハンチ)」と、同じ発音で、予感・直感・第六感などの意味を持つ「HUNCH」との掛け言葉。「HUNCH」は、“予感”を大切に歩みます。

お知り合いのアーティストも入居していて、当日は工房スペースで3Dプリンターを使った彫刻作品の説明などもうかがうことができました。面白かった。「基地」みたいな感じがありました。

IMG_9375

IMG_9376

IMG_9373

とても気持ちの良い空間で、ちょっと蒲田の飲み屋街を通り抜けたところにこういうスペースが突如現れるのは不思議な感じなんだけど、そういうことも含めて面白かったです。

HUNCH(ハンチ)公式ウェブサイト

カッコ良かった。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

今、読まれている記事

    まだデータがありません。