DropboxとGoogle Driveの違いとか考えつつ、もう少しGoogle DriveをMacでも活用しようと思った話2015/8/20

今年、ラグビーのイベントでもGoogle Drive活用してプロジェクト進めたいなあと思って、色々、Google Drive見てたんですけど、Macアプリがあって、これ写真とか同期する用と思ってたのですけど、むしろ、写真以外で便利だなあと。

Google ドライブをダウンロード – 無料のクラウド ストレージ

よくよく考えると、Dropboxを一番頻繁に使っているんだけど、原稿の校正とか、ドキュメントを共有してああだこうだ、というのは圧倒的にGoogleドキュメントとかスプレッドシートなのですよね。なので、ローカルにGoogle Driveあるの、共有ドキュメントドライブ、みたいなイメージで考えると、Dropboxとまた違って仕事でも活用できるなあと感じました。DropboxはWebのデータまるっととかPC間で同期して、ともすれば共有するような使い方してるけど、それとは違うんだよな、だから。

Googleフォトと同期するかはアプリの基本設定でDropboxのように選択できます。

だから、Google Driveをドキュメントの共有が必要なプロジェクトごとに整理しておいて、フォルダごとプロジェクトメンバーにアクセス権限渡しておくというやり方とかだと便利だなあと。URL直接で共有されたものもマイドライブに追加すれば良いし、メールアドレスで共有されたものは共有アイテムからマイドライブに移せば良い。

この辺りのことって、本当は今年教える側にいたつもりだったのだけど、改めて、自分のプロジェクトでどう使うか整理して考え直すと、なんか全然使えてなかったというか、もっとちゃんと整理しといた方が良いなという感じがしました。ET Luv.Lab.、ユレッジ、カナエール、Chromebook、大使杯、あと旅先行く時に作ったマップもフォルダに整理。結果、すっきり。中長期的な共有資産が発生するプロジェクトとの関わり、そこそこありますしね。どこにポストしてあったっけか、とか探す必要もなくなりそう。

全てのプロジェクトでやる必要は全然なさそうなのだけど、Web制作じゃない、オフィスドキュメントをたくさん共有する機会があるプロジェクトでは良いですね。ちょっと時間をとって触ったらよくよくわかって、学びを得た。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円